ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > フィールド科学教育研究センター

フィールド科学教育研究センター

フィールド科学教育研究センター

フィールド施設写真 生命環境学部附属フィールド科学教育研究センターは,中山間地域の資源や環境を活用して,食料・環境に関わる多様な現代的問題の解決に貢献する人材を育成するための施設です。また,食料・環境に関連する地域活動の知的拠点として,資源開発・環境保全・化学分析など地域に根ざした高度な研究活動を支えるための施設でもあります。研究圃場,水田,果樹園,温室,環境工学実験棟,食品加工場などが整備されています。

 地域連携や体験学習を主体としたフィールド科学教育を基に生命科学と環境科学の連携による,地球に貢献できる人材の育成を目指します。

センター長あいさつ

荻田センター長フィールド科学教育研究センター長 荻田 信二郎 

本センターは,庄原キャンパスの特色のある付属施設であり,農業・食料・環境に関わる様々な機能を有しています。教育面では,フィールド科学の講義や実習など学部共通科目として1-2年生が,また卒業論文として学部3-4年生が本センターを活用します。また研究面では,大学院研究や産官学との共同研究,地域連携プロジェクト等を通じた「知(地)の拠点」として様々な取り組みを行っています。

私たちは,これまで培ってきた実績と豊富な地域資源を活かしながら人材育成,研究活動を積極的に行いたいと思っております。どうぞ,よろしくお願いいたします。

フィールド施設写真フィールド施設写真フィールド施設写真フィールド施設写真

フィールド施設写真フィールド施設写真

各種お知らせ


このページのトップへ