ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大学紹介 > 広報 > メディア掲載情報 > 【メディア掲載】理学療法学科 飯田教授のダーツと認知症・転倒予防にかかる研究が掲載されました(日本経済新聞)(中国新聞)

【メディア掲載】理学療法学科 飯田教授のダーツと認知症・転倒予防にかかる研究が掲載されました(日本経済新聞)(中国新聞)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月23日更新

令和元年1021日(月曜日) 日本経済新聞電子版                                                    令和元年1023日(水曜日) 中国新聞                                                                             

 理学療法学科飯田教授の,ダーツと認知症・転倒予防にかかる研究がメディアに取上げられました。                                                                   

 この研究では,お年寄りが仲間とのダーツを楽しむと,認知症予防になるとの仮説を実証するために,三原市の協力のもと100人規模の地域の高齢者を中心にデータ収集をしています。研究が進み,認知機能の改善や転倒予防の効果を示すデータが得られつつあります。

 本学は今後とも地域に根ざした地域の課題解決の為の活動を続けてまいります。

 また,本学は,共同研究の実績のある株式会社プローバホールディングスの系列会社である株式会社プローバウェルネスと三原市とともに「ゲーム感覚のフィットネスが介護予防につながる」といった産学官連携で研究してきました。

  理学療法学科 飯田忠行教授 日本経済新聞 中国新聞


このページのトップへ