ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育・研究・地域貢献 > 教育 > 大学教育再生加速プログラム「高大接続改革推進事業」 > 【開催報告】平成29年度 県立広島大学教育改革フォーラムを開催しました

【開催報告】平成29年度 県立広島大学教育改革フォーラムを開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月22日更新

 平成30年3月8日(木曜日),本学広島キャンパスにおいて,「平成29年度県立広島大学教育改革フォーラム」を開催しました。4回目となる本フォーラムは「アクティブ・ラーナー育成の課題と展望 ~高大接続時代を迎えて~」をテーマとし,事業開始から3年半を経た本学AP事業の成果と課題を中心に,高大接続時代におけるアクティブ・ラーナー育成の在り方について検討しました。

アクティブ・ラーニング実践報告 (13時20分~13時50分)

 フォーラム開会に先立ち,教育研究棟2の1階 コミュニティプラザにて,本学教員によるアクティブ・ラーニング実践事例や授業改善の取組を紹介する「アクティブ・ラーニング実践報告」を実施しました。報告はポスターセッション形式で行われ,発表者・閲覧者が活発に意見交換するなど,終始盛り上がりを見せました。

 発表ポスターの一覧はこちら [PDFファイル/150KB]

ポスターセッションの様子
ポスターセッションの様子(1)ポスターセッションの様子(2)

教育改革フォーラム (14時00分~17時30分)

 続いて,大講義室に会場を移し,平成29年度県立広島大学教育改革フォーラムが行われました。
 はじめに,中村 義勝 氏(文部科学省高等教育局大学振興課法規係長)から,「高大接続改革とアクティブ・ラーニング~その背景と今後の方向性について~」と題して基調講演をいただきました。講演では,近年の高等教育改革の現状,高大接続改革におけるアクティブ・ラーニングの位置づけ,3つのポリシーに基づく大学運営の考え方など,詳細な資料に基づき様々な観点からお話を頂戴しました。

 次に,本学教員による事業報告を行いました。まず,馬本 勉 本学AP事業推進部会長から,「県立広島大学AP事業の3年半を振り返って」と題して,事業採択から約3年半を経た本学AP事業の進捗状況や課題について報告がありました。
  続いて,「平成29年度県立広島大学ファカルティ・ディベロッパー成果報告」として,本学ファカルティ・ディベロッパー(FDer)から報告がありました。本学では,FDerによる自律的・機動的な改革推進をより促進するため,本年度からFDer連絡調整ワーキンググループ内に4つのグループを設けました。この4グループが主体となり推進されている,アクティブ・ラーニングの推進,授業ピアレビューの実施,アクティブ・ラーナー自己評価ルーブリックの作成と試行,学修支援アドバイザーによる授業支援といった各取組について,各グループの代表者4名から成果報告を行いました。いずれの報告からも,取組の着実な進展が伺えたました。 

実践報告2 グループ名及び報告者
グループ報告者
グループ1「組織的教育改善」荻田 信二郎 生命環境学部 教授/総合学術研究科生命システム科学専攻長
グループ2「アクティブ・ラーニング実践と普及」飯田 忠行 保健福祉学部 教授

グループ3「学修成果の把握」

小川 仁志 経営情報学部 教授/総合教育センター副センター長
グループ4「学修支援アドバイザーとの協働」細羽 竜也 保健福祉学部 教授

 続く全体討議では,講演講師の中村氏及び事業報告者4名を登壇者に迎え,フロアを交えたディスカッションを行いました。テーマである「アクティブ・ラーナー育成の課題と展望」について,登壇者による討議のほか,フロアから多くの質問が寄せられるなど,活発な議論が展開されました。最後に,総括として,本学AP評価委員の佐藤 万知 氏(広島大学高等教育研究開発センター准教授)から講評をいただき,討議を締めくくりました。

 今回のフォーラムは,アクティブ・ラーニングの推進を核とする本学AP事業の取組を振り返りながら,生涯学び続けるアクティブ・ラーナーの育成を実現するために今後なすべきことを,参加者全員が考え,共有する非常に有意義な機会となりました。

   教育改革フォーラムの詳細はこちら

フォーラムの様子
講演 文部科学省 中村義勝氏事業報告(1) 馬本AP事業推進部会長
基調講演 文部科学省 中村義勝氏事業報告(1) 馬本AP事業推進部会長
事業報告(2)グループ1 荻田教授事業報告(2)グループ2 飯田教授
事業報告(2)グループ1 荻田教授事業報告(2)グループ2 飯田教授
事業報告(2)グループ3 小川教授事業報告(2)グループ4 細羽教授
事業報告(2)グループ3 小川教授事業報告(2)グループ4 細羽教授
全体討議会場の様子
全体討議会場の様子

(※本フォーラムは,一般社団法人教育ネットワーク中国様の協力を得て 開催しました。)


このページのトップへ